EDの改善・予防・対策方法

Uncategorized

EDの改善・予防・対策方法

EDの予防法や、EDを発症した際にどう治していくかなどを解説します。

EDを引き起こすのはホルモンバランスの崩壊や、血液循環の悪化です。
即ち、EDを未然に防ぐために大切なのが、正常なホルモンバランスを維持し血の巡りを良くする事です。
また、高血圧や肥満、動脈硬化、糖尿病といった疾病の症状としてもEDは現れます。

ですので健康管理に注意を払い、生活習慣病の発生を防ぐ必要があります。
EDを予防するのに重要となるのが、食生活や運動といった普段の習慣を再考してみる事です。

生活習慣を改善するために、食事を栄養バランスの良いものにしたりサプリメントを摂取したりしましょう。

また、メンタル面が不調なら精神科のカウンセリングを受けるのも良いと思います。
EDは男性にとって、肉体的な問題に改めて向き合う良い機会でもあるでしょう。
EDを契機に神経や血管の異常に気付ければ、重大な疾病を予防する事にもなります。

生活習慣が乱れている人はこの際に不規則な生活を改め、EDの治療に結び付けましょう。
EDを未然に防ぎたい人のために、改善・予防法、対策に関してより具体的な話をします。

EDは運動習慣で改善できる

EDの改善に役立つのは、程良い運動です。とりわけ、ジョギングやランニングといった有酸素運動は血行を良くする効果がありお勧めです。

その他、スクワットを始めとした各種筋トレでもEDの改善を望めるでしょう。
筋肉の衰えと血行の悪化をもたらす運動不足は、EDの引き金となる要素の1つとされます。

その上、BMIが30より高い男性は、細身の男性と比較してEDの危険係数が1.7倍以上高まる事が分かっているのです。
有酸素運動には脂肪燃焼効果の他、血流のサイクルを促す効果もあります。
体全体の血行が良くなる事で、結果的にEDも改善されると考えられます。

筋トレも男性器の勃起に効果があります。スクワットを始めとした下半身強化トレーニングの効果を例に挙げると、血行を改善してホルモンバランスを整えてくれます。
男性器を構成するのは平滑筋と呼ばれる筋肉です。
この筋肉は自分の意思では動かせません。
ホルモンバランスを正常に保つ事が、平滑筋を鍛える際に重要となります。

運動が体に良いとはいえ、やりすぎてストレスが蓄積してしまえば結局はマイナスです。運動をするなら仕事のスキマ時間や休日を選び、程々に楽しみつつ無理の出ない範囲で体を鍛えるのが良いでしょう。

食生活を改善することも重要

EDの引き金の1つとして挙げられるのが、荒れた生活習慣です。
生活習慣を改めるためには食生活の改善も必要になります。
EDの改善にとりわけ効果的なのが、和食メインの食生活です。
高脂肪・高カロリーで、濃い味付けで、油っこい食事ばかり摂っているとEDは深刻化します。

スナック菓子に代表されるジャンクフードの他、塩分が多いインスタントラーメンや油っこいフライ類などは血流を妨げ、勃起を正常に行えなくするのです。

EDの改善には魚介類やキノコ類、豆類などの食べ物が特にお勧めです。
キノコや海藻は、血液をサラサラにする効果があるミネラル成分を多く含みます。
豆類や魚介類は、神経伝達物質を作るタンパク質が豊富で、お茶や酢は血行を促進してくれます。

和食には上記の食べ物が多数使われるので、食生活のメインを和食にすればEDは快方に向かっていくはずです。ただ注意すべきなのは醤油や漬物、甘い煮物などです。
これらを食べすぎると糖分や塩分を過剰に摂ってしまう危険性があります。
加えて、白米も食べすぎれば炭水化物を摂りすぎてしまう事になるでしょう。

あまり食べすぎずに腹八分目を心がけ、適度な量で食事を楽しんでください。
程良い運動、もしくは禁煙・禁酒などを実践して生活習慣を改善すれば、結果的にEDを治す事になります。

生活習慣を見直す

不規則な食生活、喫煙、飲酒、運動不足などで荒れた生活習慣はEDの引き金の1つです。

とりわけEDと関わりが深いのが肥満です。
研究データによれば、EDの発症率はBMIの値に比例して高まるといいます。

他にも、タバコに入っているニコチンは血行を滞らせる作用があり、これもEDを引き起こす原因となりえます。
喫煙によりEDの発症率が上昇させられる事に加えて、勃起状態を保てる時間や陰茎の硬さも落とされてしまうのです。

これらの事実から分かるのが、健康的な食生活に体型を保つための程良い運動、もしくは禁煙を実践すれば、EDを改善したり発症率を抑えたりできるという事です。

水泳やジョギングといった有酸素運動は、EDを未然に防ぐための運動としては効果的でお勧めできます。

有酸素運動の効果によって血行が促進されるからです。
また、筋トレをするとテストステロンの分泌を増進する効果が望めます。
赤ワインはEDに有効なポリフェノールが豊富なので、勃起力を保つには程々の飲酒も必要と言えるでしょう。
ですが飲みすぎればかえってEDを引き起こします。

厚生労働省が定めた飲酒ガイドラインを参照すると、適切な飲酒量の基準は1日あたり20g、具体的にはビールなら中瓶1本、日本酒なら1合、酎ハイなら350mlです。

休肝日を週2日設け、体に休息を取らせるようにしてください。

サプリメントで勃起に足りない栄養を補う

バランスの良い食事を摂る事も、生活習慣を良くするためには重要となります。
EDを未然に防ぐために、亜鉛が豊富なかぼちゃ、牡蠣、アーモンド、あるいはポリフェノールを多く含む緑茶やチョコレートなどを意識して摂ってください。

勃起時に必須の男性ホルモンであるテストステロンがこうした栄養素には含まれています。

テストステロンは精液の生成には欠かす事のできない栄養素です。
とはいえ、仕事や出張で頻繁に外出していると、そう簡単にはバランスの良い食事が摂れない事も考えられます。
そんな場合はサプリメントを上手く利用するのも1つの手です。

勃起力を上昇させるのにお勧めなのが、ポリフェノールや亜鉛、ビタミンの多いマカ、血の巡りを良くする効果を持つアルギニンやシトルリンといったものです。
サプリメントはあくまで栄養を補うのが目的の健康食品であって、医薬品ではありません。
ですので一時的な作用は望まずに、長期間摂り続けるのが重要です。

栄養は摂りすぎれば吸収されずに体から出ていってしまいます。
ですからサプリメントを買う際には現在の食生活を振り返り、不足している栄養素をあらかじめ確認しておいてください。
含まれる成分の量はメーカーごとに差がある事も考えられるので、サプリメントは値段よりも成分の配合量をよく見て買いましょう。

カウンセリングでストレス軽減も良い対策

EDのカウンセリングは精神科の他にも泌尿器科やメンズクリニックなどで受けられます。
うつ病、過剰なストレス、トラウマなどが引き起こす心因性のEDに対して効果的なのがカウンセリングです。

カウンセリングは、カウンセラーと共に自身の心の問題に向き合い、それが現れた原因を探るものです。
例えば「仕事や疲れのせいで性行為に時間を割けない」「パートナーからの期待が重すぎて応えるのが困難だ」「過去のトラウマが蘇ってしまう」など、ED患者の心を苛んでいるものは一体なんなのか、それを一緒に探しながら問題を解決していきます。

カウンセリングには、自分1人では気付けなかった問題点に気付けるというメリットがある反面、原因を突き止めて症状が目に見えて改善するまでには通院を複数回続ける必要があり、時間を要するというデメリットも存在するのです。

通常、カウンセリングのみで症状が良くならない時には、併せて薬物療法も進めていきます。カウンセラーと自身の相性は、カウンセリングにおいて最も重要な要素です。
助言よりも患者の話を聞く事を優先し、理解しようと努める態度の有無によって、自分に向いたカウンセラーかどうか判断できます。

手始めにクリニックについての情報を集め、自分の心の問題を落ち着いて相談できるカウンセラーを見つけましょう。