シルデナフィルがどのように男性機能に影響するか

有効成分シルデナフィル

シルデナフィルがどのように男性機能に影響するか

シルデナフィルとは、勃起不全と肺動脈性高血圧症の治療薬に使用される成分で、この種の薬剤の先発薬としてはよく知られているバイアグラがあります。

この薬剤は、その効果を発揮するために特異な成分が相互に作用します。
これを薬理学では作用機序といいます。

健康な成人男性は、外部からの刺激により脳神経は陰茎の海綿体を刺激します。
そうすると動脈が拡張し、血液の流入がよくなります。
そうなることで男性器は勃起し、その状態が継続します。
次いで性的興奮が静まると陰茎海綿体の血管は以前の状態に戻り、血流も以前と同様の状態になります。

勃起不全に悩む男性の多くは、陰茎海綿体の動脈が正常に拡張せず、血流が不調で勃起が本人の意のごとくならない状態になっているのです。

これは、PDE5という酵素が勃起するのを妨げていることから起こり、PDE5が活発であることにより、本人の意に反して勃起が鎮まる結果を起こします。

しかし、シルデナフィルはPDE5の働きにブレーキをかける役割を果たします。
シルデナフィルを服用すると、勃起不全の男性は健康な成人男性と同様に、精神的に興奮が収まるまで勃起状態が継続します。

シナデルフィルは、陰茎に対する血流改善効果だけでなく、人体の他の箇所への治療効果が期待されている成分です。

PDE5の働きにブレーキをかける

近年、性医学の研究が進み、勃起する経過が明らかになってきました。男性器は、以下のような物質の変化によって勃起します。

陰茎内の《NANC(非アドレナリン非コリン性)神経終末》《一酸化窒素(海綿体内皮細胞から遊離される)》この二つの物質によって、陰茎海綿体の血管が緩み男性器の勃起を促します。

cGMP(環状グアノシン一リン酸)が増大

陰茎海綿体の血流が活発化

男性器が勃起する

逆に、男性器の勃起が沈静化する際には、PDF5酵素が陰茎の血流にブレーキをかけます。PDF5酵素は、健康人であれば射精など興奮が静まった際に働きます。
勃起不全に悩む大多数の男性は、PDF5の働きが強すぎて、勃起不能かあるいは勃起してもすぐに萎えることが多いようです。

シルデナフィルは、陰茎海綿体のPDF5に適度にブレーキをかけることにより、陰茎海綿体平滑筋を緩めて血流をスムーズにし、勃起力を強くする薬剤です。

シルデナフィルの効能は媚薬とは異なります。
性的興奮剤ではありません。
性的刺激を受けた脳が興奮した際に効果を発揮する薬剤ですので、服用後ただちに勃起が始まり継続するというわけではありません。

また、精液を増量する効果も期待できません。
射精時に精液が出なかったり少ないと不快感があるものです。
この薬剤に限ったことではありませんが、効能と副作用を十分理解してから服用しましょう。

循環器系への効能

シルデナフィルの薬剤としての効能は、陰茎への血流効果だけではありません。
他の内臓器の血管でも拡張効果があります。

世界各国で、前述のように肺高血圧症、新生児に多発している心室中隔欠損症や動脈管開存症、慢性心不全、開心術中や術後などの治療に効果が期待され研究中です。
2017年、韓国のソウル大学病院がAHA(米国心臓協会)学術集会で、シルデナフィルが虚血性心疾患におけるステント(下記※)治療に有効とされる研究結果を公開しました。

※ステント:血管・気管・食道など人体の管状の部分を管の内部から拡張する医療機器のことで、多くの場合、金属製の網目の筒状のもので、治療する箇所に適したものを用います。

血管にステントを挿入すると、血管の内膜が厚くなり、再び血管が狭くなる危険性がありますが、バイアグラは血小板が固まるのを30%抑制することで血管の内膜が厚くなるのを防ぎ、血流を改善できることが明らかになりました。
まだラットでの実験段階ですが、臨床へ応用する可能性は大いにあります。

ところがこの薬剤の効能は、血流促進ですから、高血圧など循環器系の既住症患者や勃起不全患者などが服用する際には、要注意です。

循環器系の治療には、一酸化窒素供与罪が多方面に使われます。

陰茎海綿体内のcGMPを増大させる

cGMP(前述)とは薬学用語で二次的な役割を果たす特殊物質です。
陰茎海綿体内のcGMPの分解には、PDE2とPDE5の二種の酵素が関与していますが、大部分はPDE5で、PDE2は、cAMPに選択的に関与しています。

バイアグラ(シルデナフィルクエン酸塩)がPDE5を退治し、生み出されたcGMPの分解にブレーキがかかり、それにより陰茎海綿体内のcGMP濃度は上昇します。

ウサギから摘出した陰茎海綿体を利用しての研究結果です。
バイアグラに一酸化窒素を放出する作用があるニトロプルシドナトリウムをプラスしました。ニトロプルシドナトリウムをプラスする理由は、興奮すると一酸化窒素を意図的に放出することが明らかになり、その投与量によって効果を比較することが可能でした。

また、同じ投与量ですと陰茎海綿体内の濃度は、シルデナフィルクエン酸塩の投与量が多いほうがCGMP濃度は高くなりました。

逆に、各投与量のニトロプルシドナトリウムに対する同量の投与量でシルデナフィルクエン酸塩を併用した陰茎海綿体内のcGMP濃度は、ニトロプルシドナトリウムの投与量が多いほうが、cGMP濃度は高くなりました。

緩んだ海綿体を強くする

陰茎海綿体内のcGMPの量が増えると、海綿体平滑筋は緩んでいきます。
ここでも、ウサギから摘出した陰茎海綿体を用いた実験がおこなわれました。

まず、バイアグラを投与した後に、陰茎海綿体をフェニクリンで縮めます。
縮まったのが収まったところで、内皮細胞のムスカリン受容体を刺激し一酸化窒素の放出を促進するメサコリンを投与します。
フェニレフリンで縮まった陰茎海綿体は、メサコリンで緩みます。
これは、一酸化窒素合成阻害薬を投与で消失したことで、メサコリンで陰茎海綿体をゆるめ、一酸化窒素とcGMPを介する反応であることの確認です。

その確認後、ウサギから摘出した陰茎海綿体に対しメサコリン単体投与と、同量の投与量でメサコリンとシルデナフィルクエン酸を併用して投与しました。
その結果、併用時の方がメサコリン濃度IC50値が低くメサコリンの働きを緩めることが明らかになりました。

このことは、シルデナフィルクエン酸塩をシルデナフィルクエン酸塩を同時使用することによりメサコリンの投与量が少なくてすむことを意味します。