ED治療薬で勃起不全を改善

ED治療薬とは

ED(勃起不全)に悩んでいる男性は非常に多く、日本でのED患者は1,130万人にものぼるという報告もあります。
「いつもではないが、時々性行為が行えないことがある」という状態にある男性は、実に全体の4分の1にも達することをご存知でしょうか?

完全に勃たない状態に限らず、EDとは性行為を行う際に十分な勃起が得られない、または勃起を維持できないため満足に性交を行えないという幅広い症状を指します。
加齢や仕事のストレスだから仕方ないと性生活を諦める必要はありません。

30代、40代の現役世代だけでなく、60代、70代の高齢世代も「もっと早くからED治療を始めていれば良かった」と後悔している人が多くいます。

EDは恥ずかしいことではなく、男性なら誰しもが抱えうる悩みです。
自身のEDと向き合い、性生活を改善することでより良い人生を送りましょう。

さまざまなED治療薬の種類

勃起力を高めて維持するために、これまで様々なED治療薬が開発されてきました。
現在世界で流通しているED治療薬には、有効成分別に挙げるとシルデナフィル、タダラフィル、バルデナフィル、アバナフィル、ウデナフィルの5種類があります。

一般的に最も広く知られているバイアグラは有効成分としてシルデナフィルを含有しており、バイアグラジェネリックも複数販売されています。
ジェネリック医薬品の中には通常の錠剤だけでなく、水なしで飲めるODタイプの薬剤も販売されています。

人前で薬を飲むことに抵抗を感じるという場合は、水なしで飲めるタイプを利用すると気づかれることなく服用できます。

ED治療薬を入手するには

現在の日本では、有効成分によってジェネリック医薬品の販売が許可されている薬剤とされていない薬剤があります。
ジェネリック医薬品の方が安価で購入できるので、費用をなるべく抑えたいという人は医師や薬剤師に相談してください。

また、保険の適応に関しては基本的にED治療は保険外診療になりますが、背景に糖尿病などの生活習慣病が存在する場合は保険適応となるケースもあります。
医療機関によって取り扱っているED治療薬、薬代も異なるので、詳しく知りたい場合は事前に問い合わせることをお勧めします。

医療機関へ受診する時間がない場合や、他人に相談したり見られることに抵抗があるという場合は、インターネット通販で個人輸入代行業者を通してED治療薬を購入することができます。
この場合、副作用などに対する安全管理は全て自己責任となるので、よく事前に情報収集してから利用するようにしてください。

代表的なED治療薬の働き

ED治療薬はPDE5阻害剤という医薬品に分類されます。
PDE5(ホスホジエステラーゼ5)とは酵素の一つで、勃起のメカニズムにおいてとても重要な働きをしています。
健常な状態では、男性が性的刺激を受けると脳が興奮し、脊髄を介して陰茎に勃起を指令する信号が送られます。

陰茎ではそれを受けてcGMP(環状グアノシン―リン酸)という物質が生産され、血管の拡張を促し、陰茎海綿体に多くの血液が流入して勃起が起こります。
一定時間勃起状態が持続した後、射精や性的興奮の低下をきっかけとしてPDE5が分泌され、陰茎内の血管が収縮、そして血流が減少し勃起が収まります。

このことから分かるように、PDE5は勃起を阻害する物質であり、有効成分がPDE5の働きを阻害することで勃起状態を維持できるようになります。

PDE5阻害薬とも呼ばれるED治療薬の成分

初めてED治療薬として脚光を浴びたバイアグラは、元来狭心症を治療する薬として開発されていました。
しかし狭心症治療薬としては効果が上がらず開発を中止することになりました。
開発中止を受けて、臨床試験における被験者に薬の返却を求めたのですが、被験者たちは返却を嫌がったと言います。

なぜなら被験者の多くが副次的に男性機能が高まったことを実感したからであり、このことによりバイアグラのED治療効果が見いだされ、研究が進められました。
ここで注意しておきたい点として、ED治療薬はPDE5を阻害して勃起力を高める薬であって、脳の興奮剤として性的興奮を高める作用はありません。

あくまでも性的刺激を受けた時にだけ、ED治療薬としての効果を発揮するのです。

ED治療薬の血流改善効果

前述したように、PDE5阻害剤は血流を改善させる効果がありますが、血流改善とはどのような状態になることでしょうか?
血管をゴムホースに例えてイメージすると分かりやすいでしょう。
血流が良い状態の時は、ゴムホースが太く柔らかく水がよく流れているイメージです。

反対に血流が悪い時は、ゴムホースが収縮し細くなって水が流れにくいイメージです。
ED患者の場合陰茎内部の血管における血流が悪くなり、勃起ができない状態になっています。

生活習慣病により動脈硬化を患っている人の多い40~50代では、血行不良によるED患者が多いと言われています。
動脈硬化を起こしている血管というのは、ゴムホースで言うとホースの弾力性がなく、硬く、且つ細くなってしまい水が流れにくくなっている状態です。

また血管内を通る血液もドロドロして粘性が高い状態だと血流が悪くなります。
よって生活習慣病の人はEDになりやすく、注意が必要です。
最近は若い世代でも競技用自転車によく乗る人などは陰茎部が圧迫されることで血流が悪くなり、EDの原因になっていることがあります。

EDで悩む人も、治療薬により症状を克服できる可能性が高いので、使用上の注意を守り安全に服用して悩みを解決しましょう。

ED治療薬の作用機序

勃起のメカニズム

ED治療薬の作用機序を知る前段階として、ここではまず勃起のメカニズムを解説します。男性が性的刺激により興奮すると脳から陰茎へ勃起を指令する信号が送られます。

血管の内皮や神経から一酸化窒素が産生され、その一酸化窒素に反応して陰茎内部でcGMPが生産されます。
cGMPは血管拡張作用がありますから、陰茎海綿体に血液が流入し勃起に至るという仕組みです。
射精が起こったり、性的興奮が鎮まるとcGMPを破壊する酵素PDE5が勃起を収めるために放出されます。

健常な男性では、cGMPとPDE5がバランス良く働き、性行為に合わせて勃起状態を維持したり、収めたりすることができますが、ED患者ではこの二つのバランスが崩れてしまっています。
ED患者の陰茎ではPDE5が常に存在し続けており、勃起に必要なcGMPが不足している状態になっています。

そこでED治療薬のPDE5阻害作用が重要で、PDE5の働きが阻害されることにより、陰茎内の血管拡張、血流の改善が促され、勃起状態を維持できるようになります。
そして、健常男性と同じように射精や性的興奮の収束により勃起が鎮まります。

このメカニズムから理解できるように、あくまでも勃起には性的刺激が必要であり、刺激がない状態で長時間勃起し続けるということは通常ありません。

PDE5阻害薬の種類

ED治療薬には4種類の有効成分があります。最もその名を知られている『バイアグラ』はシルデナフィルを含有しており、アメリカのファイザー社から発売されている薬です。
バイアグラは特許が切れているため、日本でもジェネリックの販売が許可されています。

タダラフィルを含む薬として良くいるの知られているのは『シアリス』で、こちらはアメリカのイーライリリー社から発売されています。
シアリスもバイアグラと同様、日本でジェネリックの販売が許可されています。

日本国内で処方される成分としてはもう1つ、バルデナフィルを含有する『レビトラ』が挙げられます。
レビトラはドイツのバイエル社から発売されています。

また、現在アメリカのFDAではアバナフィルという成分も承認されており、『ステンドラ』という薬が第4のED治療薬として注目されています。
さらに韓国の東亜製薬で開発されたウデナフィルという成分もあり、こちらはアジア人向けに体への負担がかからないPDE阻害薬として期待が高まっています。

アバナフィルとウデナフィルはどちらも日本ではまだ正式認可されていないので、こちらを入手するには個人輸入という方法を取らなければなりません。